そろそろ独立を考えている、いち技術屋のつぶやき

主な役割と能力を発揮できる仕事場

会社員から独立してフリーランスエンジニアとして起業する場合は、会社員時代には考えなくてもよかった様々なことを考える必要に迫られます。
例えば、どのように営業活動をするか、資金繰りはどのように管理するか、確定申告はどのようにやるかなどが挙げられますが、中でも仕事場に関する点は大きなポイントになります。フリーランスエンジニアになれば、受注した仕事は納期までに必ず仕上げて納品する責任があります。会社員時代にも自分の仕事には責任を持つことが求められましたが、責任の重さという点では、フリーで仕事をする場合の方が大きいといえるでしょう。
納期に間に合わなかったり、不測の事態が生じて仕事のレベルが下がってしまった場合でも、基本的には誰にも助けてもらえません。依頼された仕事を受けるかどうかについての選択の余地はありますが、一度受けた仕事については、必ずやりとげる役割が求められるのがフリーで仕事をする大切なポイントなのです。
仕事場は、その大切な役割を果たすための土台の役目を果たしてくれるでしょう。ただ作業ができればいいということではなく、自分の能力が最大限発揮できる仕事場を確保するのもフリーとしての大事な仕事です。賃貸オフィスという選択肢もありますが、コストがかなりかかります。そのため、自宅の一室をオフィスにすることもあり得るでしょう。
その場合は、プライベートと切り離して集中できるように工夫する必要があります。しっかりした作業スペースを確保することは、フリーランスとしての収入を確保する第一歩といえるのではないでしょうか。
ここまで個人的な考えを綴ってきましたが、同じような思考で記載された仕事場選びのコツを探るにはちょうど良い記事を見つけたので共感してもらえればと思います>>仕事場で変わるフリーランスの年収<<

Comments are closed.